Papua Dance / パプアダンス

ヤムコランべヤムコはもともとパプアからの伝統的な歌です。歌詞が植民地時代の痛みや苦痛について語って、陽気で明るいテンポを持っています。この曲の踊りは、パプアのアスマット族の文化を紹介するために作成されました。エネルギッシュで活発で、時にはアクロバティックな動きで満ちたダンス。ダンサーは、わら、木、骨などから作られたアスマット民族の伝統的な衣装を着用します。

Yamko Rambe Yamko originally is a traditional song from Papua. It has a cheerful and upbeat tempo the lyrics told us about the pain and distress of colonial period. The dance of this song created to introduce the Asmat tribe culture in Papua. The dance fulfilled with an energetic and vigorous movement, sometimes event acrobatic. The dancer used traditional costumes of Asmat tribes which made from straw, wood, bone, etc.