Likokpulo / Saman Dance (サマン踊り)

サマンダンスはアチェ、北スマトラから人気ダンスです 。この踊りは、「千本の手」のダンスとしても 知られ て おり 、重要な機会を祝う時に行ってきました 。ダンサーは激しく動きの中、 ダンスに 魅力的なリズムを作るために手を叩いたり、アチェ語で歌い、床を叩いたりします。歌のテーマは主に 唯一万能神様への賞賛、 イスラム歴史 の物語 、またはアチェの人々の生活 についてです。ダイナミック かつ完璧に協調運動は、この踊りの魅力です。

Saman dance is a popular dance from Aceh, North Sumatera. This dance also known as “thousand hands” dance and usually performed to celebrate important occasions. As the dancers moving intensely they will sing a song in Aceh language, clapping their hands, and pat the floor to build an attractive rhythm to the dance. The song mainly about praises to Allah, stories of Islamic history, or the life of Aceh people. Dynamic and perfectly coordinated movement is the charm of this dance.